Vinos Yamazaki 蔵直ワインの専門店ヴィノスやまざき

お知らせ

お知らせ

スタッフダイアリー

ボルドー革命児 まるで格付けシャトー。

ヴィノスやまざき営業運営本部 (2019年05月16日)

続いて、ヴィノスやまざき買い付け隊(見習い)一同は、ボルドーで最もバリューなグランヴァンと言われる「レイニャック」にやってまいりました。

レイニャックは、ボルドーのガロンヌ河とドルドーニュ河の間にある、アントル・ドゥ・メール(「2つの海の間」という意味)という地域にあります。

アントル・ドゥ・メールは、ボルドーの中において一級・二級などの格付けは無く、さらに今まで高級赤ワインなどは出来ないと言われている地域でした。

しかし、90年代後半に現オーナーのヴァテロ氏がシャトーを購入してから、除草剤を撒かない畑に変更したり、最新の醸造設備を入れたり、世界的ワイン醸造家のミシェル・ローランを呼んだりと、革新的なアイデアによりボルドー5大シャトーよりも高い評価を獲得するまでになりました。

20180923_09-thumb-400x231-76053.jpg
20180923_07-thumb-400x300-76047.jpg

アイデアマンであるヴァテロ氏(右)

 
レイニャックの土壌は、グラーヴ(小石)と合わせて、サンテミリオン(粘土質)を併せ持つのが、ボルドーでは見られないレイニャックだけの特徴です。

051620190210_01.jpg


またすべてのぶどうを完熟したタイミングで収穫し、収穫する際は、ぶどうの酸化や傷がつかないように小さなカゴでの収穫を徹底しています。

そして醸造は、ワインのドリームチーム。

世界的ワイン醸造家のミッシェル・ローラン氏は世界中の有名ワイナリーの多くを見ていることからフライングワインメーカーと呼ばれております。彼のSNSを見て最新の醸造の情報を得ているほど、影響力のある人物です。

0516S__47652878.jpg


また、今ボルドーでも流行りの逆円錐型タンクをいち早く取り入れております。このタンクは表面積を広くとることができるので、味わいの抽出からエレガントなタンニンを得ることができます。このタンクはボルドーの高級ワイン「シャトー・アンジェリュス(約4万円)」も取り入れているほど。※シャトー・アンジェリュスもミシェル・ローランがコンサルタント。

そんな彼らの造るワインの中でもトップに君臨するワインが「バルチュス」です。

0516S__47652881.jpg

一番古い樹齢の区画のメルロだけを使用し、バルチュス専用の特別な樽でぶどうの皮と一緒に漬け込みます。

この特別な樽も、アイデアマンのヴァテロ氏が考案。

0516S__47652882.jpg

 
100%フレンチオークで熟成し、有名高級シャトーも利用している最新のシステム「オクソラインシステム(木樽で熟成を行う際、澱と共に攪拌することで旨味を抽出する技術)」を導入しています。

hizou_02-1.jpg

非常に口当たりは滑らかで、なおかつきめ細かいタンニンが余韻にかけて長く続く。まさしくボルドーでもトップに君臨する味わいです。

お店に立っていると「どのくらい熟成すれば良いですか?」とよく質問されることがあります。

実際に醸造チームに聞いてみると、「通常のレイニャックの赤ワインは20年は熟成できますが、バルチュスは開けたてからでも美味しく、さらにレイニャック以上の約30年以上の熟成は可能です。」とおっしゃっていました。
ポテンシャルのあるワインというのは、時間をかけてゆっくり顔を出していきます。レイニャックもバルチュスもその一つです。

そんなバルチュスの店頭在庫は、残りわずかです。
是非、熟成用も含めてお早目のお買い求めをお勧めします。

各店でみなさまをお待ちしております!

またフランス買い付けはまだまだ続きますので、最新情報をお楽しみに!


フランス買い付け隊見習いチーム

保坂・田積・小林

  • FaceBook
  • Instagram
  • LINE